​健康診断

ワンちゃんもネコちゃんも言葉が話せません。何か調子悪い…私達なら意識して対応できることでも表現することができません。実際目にみえる症状がでてからでは大分進行していたり、すでに取り返しのつかない状態になっていることもあります。

私達の1年はワンちゃんネコちゃんの3~4年に当たります。普段から定期的に健康診断を行っておくことをおすすめします。

これは病気かしら…?どんなことでもお気軽に相談ください。何気ないことが病気のサインであることがあります。飼い主さまの「気付き」が早期発見・早期治療につながります。(詳しい検査を行う際にはお預かりが必要なケースもあります。時間に余裕をもってご来院ください)

 

  • ​身体検査
  • ​血液検査
  • ​レントゲン検査
  • 超音波​検査
  • 尿検査
  • 糞便検査

視診、聴診、触診などを行います

貧血、肝臓・腎臓機能、血糖値、コレステロールなどを調べます

心臓や肝臓、関節症、結石などを確認します

臓器状態をより詳細に調べます

腎臓の機能、感染症、結石などを調べます

消化状態による消化器機能の確認、寄生虫の感染などを調べます