• ichikawavet

災害時への備え


こんにちは。 先日の新潟山形地震、その後も雨が続き大変な事と思います。被災された皆様並びに縁者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

実は私、山本も以前に祖父母が住む生家が地震で全壊しました。本当に寝耳に水とでも申しますか、余りにも突然の出来事でした。 ちょうど外出中で弟からの電話で地震を知り、あわてて帰宅するとまさかの震源地。 家族に電話するも通じず、ようやく連絡が取れたのは日付が変わってからでした。 1週間後、やっと一般人も県内に入る事ができ、祖父母や友人のいる避難所を、物資を配りながら何ヵ所か巡りました。 避難所の外に繋がれた犬、車の中で避難している犬や猫がいました。 母と弟の住む実家は無事でしたが、滞在中も余震が起こる度、飼い猫はパニックを起こして押し入れに閉じこもり、食欲もほとんどありませんでした。

今の日本は地震に限らず、いつどこで天災にあってもおかしくありません…。 動物には何が起きたかも解らないと思います。飼い主である我々がしっかりと守っていきたいですよね。 病院のある市川市でも、ペットの避難についてのガイドラインを設けています。 是非チェックしてみてください。

http://www.city.ichikawa.lg.jp/pub01/1111000040.html

#画像 #テキスト