• ichikawavet

楽しいからこそ注意!


本日よりいよいよ令和! G.W.も始まり、お出かけシーズン到来ですね。

愛犬を車に乗せてお出かけされることも多くなると思いますが、5月は見逃しがちな熱中症に気をつけて欲しい月でもあります。まだ体が暑さに慣れていないため、体温調整が難しいこと。犬の平均体温は38.5℃前後で、人間よりも高いため、私達が「暑い」と感じる時には、犬にとっては”結構”暑い状態になっていること。しかも、被毛に覆われほとんど汗をかくことができず、体に熱がこもりやすいことが原因で、熱中症になりやすい状況が揃います。

油断しがちなのが、愛犬の車内の位置です。前席と後席・荷室、日差しの角度や温度が違うので、愛犬の様子を見ながら調整してあげてください。また、クレートの中は狭く、温度も上昇しがちなので、特に注意が必要です。

暑いようなら、涼しい風をあてて、水分補給をお願いします。最近、ケージに取付型の舐めるタイプの給水ボトルが使いやすくて人気がありますが、水皿も持っていると大変便利です。暑い場合には、じゃぶじゃぶとお水が飲めることで、十分な水分補給ができます。

楽太郎も給水ボトルと、折りたたみ式の水皿を持ってドライブに行っております。 (車から長時間離れる場合は、ペットを車内に放置する事は避けましょう)

皆様も愛犬と楽しいお出かけを♪

#画像 #犬猫の健康