• ichikawavet

マイクロチップについて

みなさん、こんにちは! 今回は動物愛護法の改正により今年の6月から義務化されたマイクロチップについて簡単にわかりやすく説明させていただきます! まずはじめにペットショップやブリーダーなどの販売事業者には義務化されていますが、現在一般の方が飼育されている犬猫に関しては「努力義務」となります! Q.マイクロチップってなに? A.マイクロチップは外側が生体適合ガラスを使用した電子標識器具です 15桁の個体識別番号が記録されており、飼い主様の情報やワンちゃんネコちゃんの情報と紐付けできます! ちなみに大きさは直径1~2ミリ、長さ1センチ程度です。 Q.体のどこにどうやって装着するの? A.背側頚部と呼ばれる首の後ろから肩甲骨にかけての皮下に専用のインジェクター(チップ注入器)で注射のように刺して埋め込みます! Q.安全なの? A.数々の臨床試験を行っていて、これまで国内ではマイクロチップによる副作用やショック症状等は1件も報告されていません。安全性は高いと言えます。レントゲン撮影にも問題ありません! Q.耐久年数は? A.一般的に25~30年とされているので、ほとんどのワンちゃんネコちゃんが生涯に渡っての使用が可能です Q.マイクロチップ装着のメリットは? A.迷子や災害によって飼い主様と離ればなれになった際、保護された時すぐに身元確認ができます‪‬ 東日本大震災の際は迷子札や狂犬病の鑑札を付けていた子は100%飼い主様の元へ帰ることが出来ましたが首輪だけなどの場合0.5%弱しか戻れなかったそうですその為、マイクロチップの重要性が見直されました! このようにマイクロチップは緊急時にこそ大切なペットたちを守ってくれるものだと思います 当院では装着の際はご予約を入れていただきます お気軽にお問い合わせください



インサイトと広告を見る 投稿を宣伝

44

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示